Home » 競技方法 »

ソフトタスポニーのルール

ソフトタスポニーのルール

1. 競技場設備及び用具
※2005年4月1日より「シルバータスポニ-」は名称変更し「ソフトタスポニー」となりました。
(1) コートの大きさ 【 タスポニー コート図 】 参照
(2) ラインの色は白とする。ただし、コートの状況に応じて色を変えても良い。ラインの幅は4僂5僂箸垢襦
(3) ネットの高さは80僂箸垢襦色は緑色とし、上縁に幅7僂稜鯢曚鯑鵑沈泙蠅砲靴栃い辰燭發里箸垢襦
(4) ボールは、黄色またはピンク色のスポンジ製とする。ボールの直径は17僉⊇鼎気錬毅gを標準とする。
    150僂旅發気らコートに落とし、ボール下端で25僉腺械記僂旅發気縫丱Ε鵐匹垢襪發里鯢現爐箸垢襦

   
2. 競技種目 (ゲーム数・ポイント数)
(1) 競技種目は、ダブルスのみで(男子・女子・混合)、の3競技がある。
(2) ゲーム数は、2ゲーム先取の3ゲーム制とする。ただし、状況に応じて、1ゲーム制で行ってもよい。
(3) ポイント数は、各ゲーム8点とする。(得点は、ラリーポイント制とする。)


3. 競技方法 (試合進行)
(1) 試合開始前に主審の指示に従い、トス(ジャンケン)を行い、勝ったサイドが次のいずれかを選ぶ。
    サービスか、レシーブか、コートのどちらかのエンド。 (負けたサイドは残りのいずれかを選ぶ。)
(2) 主審の「用意」のコールで各ポジションにつき、「プレータスポニー」のコールでゲームを開始する。


4. サービス
(1) サーバーは自身のいずれの足もサービスエリアから出ることなく、サービスエリア内にボールを落とし、
    ワンバウンド後に片手で打つ。
(2) ボールは、ネットを挟んだ対角線の相手サービスコート内に入らなければならない。
(3) サービスは、第1サーバー(右側のプレーヤー)から始める。
   ※ 第1サーバーが終わったら次に、第2、第3、第4サーバーが行い相手チームにサービ権が移る。
   ※ サーバーの位置と順番
→     左 サービスエリア     右 サービスエリア
Bさん 第2・第4サーバー Aさん 第1・第3サーバー

    ※サービス権が相手方に移るのは、ゲーム中に双方の得点の和が4点(1対3,2対2)になったとき、
      及び、それ以降4点を加えたときとする。
(4) サービスは、1回につき2本までできる。ただし、2本目のサーブができるのは、1本目を失敗した時に
    限る。(1本目の失敗は失点にはならないが、2本目を失敗した時は相手方の得点となる。)
(5) サービスをしたプレーヤーは、ボールが相手コートに着地するまで自陣コートに入ることができない。


5. レシーブ
(1) レシーバーは、サービスボールがサービスコートにワンバウンド後ボールを打ち返さなければならな
   い。(右サービスコートに入ったサービスボールを右のレシーバーがレシーブしなければならない。)
(2) サービスボール以外は、ダイレクトにノーバウンドで打球してもよい。


6. フォルト
サービスフォルト
(1) ラインクロス(サーバーの足が規定の範囲を超えたとき。)
(2) サービスボールが落下中にサーバーの身体または、着衣に触れたとき。
(3) サービスを中止する意志が明らかでないとき。
(4) サービスをしたプレーヤーが、ボールが相手コートに着地するまで自陣コートに入ったとき。
(5) サービスしたボールがネットにふれたとき。

レシーブフォルト
(1) レシーバーは、サービスボールがサービスコートにワンバウンド後ボールを打ち返さなければな
  らない。
   (右サービスコートに入ったサービスボールを右のレシーバーがレシーブしなければならない。)
※ 上記規定に反したとき。
アウトボール
(1) ボールが、ノーバウンドで相手の定められたコート(サービスボールを除き、相手コートの全域)
   に入らなかったとき。(ノーバウンドで入れば飛行区域は問わない。)
(2) ボールが、ネット・ポール以外の物や相手プレーヤー以外の人に当たったとき。
ノットアップ
※ 自コートに入ったボールを2度目のバウンド前に打てなかったとき。
オーバーネット
※ プレーヤーの身体または着衣がネットを越えたとき。
タッチネット
※ プレーヤーの身体または着衣がネットに触れたとき。
ダブルタッチ
※ ダブルスでプレーヤーとそのパートナーが同時にまたは連続してボールを打ったとき。
ドリブル
※ 1人のプレーヤーが2度以上連続してボールを打ったとき。
ホールディング
※ プレーヤーが手でボールを静止させたり、押し出したり、持ち上げたりしたとき。
ダブルハンド
※ プレーヤーが両手でボールを打ったとき。(実際に両手に当たったときのみ。)
ビサイドハンド
※ プレーヤーが手首より先の部分以外で打ったとき。
インターフェアー
※ 相手プレーヤーのプレーを妨害したとき。

Copyright © 2011 - 2018 taspony.eei.jp